ハゲを予防する方法

ハゲの予防は早めが大事!とよく聞きますが忙しい中、継続して行うのも結構面倒。頭皮マッサージをやったり食事に気をつけてもすぐに普段通りの生活に戻ってしまう。このサイトではそんなずぼらな管理人が実際に行った簡単なハゲの予防法を紹介します。

ハゲを予防する方法 > ハゲの予防 | 無理なく継続できる早期の薄毛対策

ハゲの予防は早めが大事!とよく聞きますが忙しい中、継続して行うのも結構面倒。頭皮マッサージをやったり食事に気をつけてもすぐに普段通りの生活に戻ってしまう。このサイトではそんなずぼらな管理人が実際に行った簡単なハゲの予防法を紹介します。

ハゲ予防はシャンプーでも育毛剤でも駄目

ハゲ,予防
ハゲの予防と聞くとシャンプーや育毛剤をイメージすると思いますが、実はどちらもあまり効果がありません

ハゲの予防に本当に効果があるのは、栄養補給です。

栄養補給

というのも、ハゲている人でもそうでない人でも現代人は髪に必要な栄養が摂れていない人がほとんどだからです。


具体的に髪に必要な栄養は次の3つです。


「タンパク質」「ミネラル(亜鉛)」「ビタミン(B群)」


ただ、これらを食生活だけで毎日補おうとすると難しいです。

単純に色んな品目を意識して摂らなければいけないということもありますが、食品自体の栄養価も下がってきているからです。



でも栄養が足りていなくても、ハゲてしまう人とそうでない人がいるのは何故なのか?という疑問も湧いてくると思います。


そこで重要になってくるのが脱毛ホルモンが発生しているかどうかです。
(正確にはジヒドロテストステロンと言います。)



このホルモンの働きとしては、まだ成長途中の髪の毛に対して

   「もう抜けていいよ。」

という命令をだして抜けさせてしまうんです。



脱毛ホルモンの対策としてはAGAクリニックなどの病院では「フィナステリド」という薬が使われますが、これは性欲減退や軽いうつ症状などといった副作用があるのでハゲの予防段階では使う必要はありません。

さらに薬以外の天然成分のものでも脱毛ホルモンの働きを抑えるものはあるので、ハゲてしまった人でも副作用の危険性からそういったもので対策をしている人は多くいます。


まとめると、ハゲの予防としては

髪に必要な栄養を摂りつつ、脱毛ホルモンの働きを安全に抑える

ということが重要になってきます。

ハゲの予防に一番効果的なものは?

結論からいうと、ハゲの予防に一番いいのはユーグレナ(ミドリムシ)です。


ユーグレナ>>


近年はジェット燃料などでも注目されていますが藻類の一種です。


実はこれにはものすごい栄養素が含まれてます。

髪を作るために必要なタンパク質、亜鉛、ビタミンBを含む全59種の栄養素。


さらには薄毛の原因の一つである『脱毛ホルモン』の働きを抑える効果もあります。


この2つだけでもすごいのに、ユーグレナには青魚に多く含まれるEPAやDHAといった栄養素も含まれており、これは血行を良くする効果があります。

いくら髪に必要な栄養をとってもそれが頭皮まで届かないと意味がありませんが、EPA/DHAの作用で血管もサラサラになるんです。

またユーグレナしか持っていないとされる「パラミロン」という成分には油を吸着して排出する効果があります。

皮脂の分泌が過剰になると毛穴に詰まって髪の毛の成長を疎外してしまいますが、ユーグレナはそれを未然に防いでくれるんです。



ユーグレナを毎日服用すれば、ハゲの予防するだけではなく栄養バランスの整った健康的な身体が手に入ります。


まず試してみたいということであればこの1週間のタイプが500円と非常にオトクなのでおすすめです。


ユーグレナ>>

気になる点としては若干苦いというところですね。


私も最初はこの粉末タイプを飲みましたが、最近は楽なカプセルタイプにしてます。

これも2週間分で1,000円なのでこっちから始めてもいいかもしれませんね☆

シャンプーや育毛剤が意味ない理由

では何故シャンプーや育毛剤が効かなかったのかを説明しますね。

まずシャンプーなんですが、そもそも髪を生やすような成分は入っていないんです。

CMなどを見ているといかにも効果がありそうですよね。

しかしあくまで頭皮環境を整えるだけ。

シャンプーに育毛効果を期待しても毛は生えてこないんです。

もちろん、肌が敏感な方はいいシャンプーを使ったほうが頭皮のダメージは抑えられるかもしれません。



そして育毛剤が効かない理由は有効成分が届かないからなんです。

実験の結果では育毛効果があったというのは事実だと思います。
(それが嘘なら本当にひどいんですが、、)

しかしそれはあくまで直接有効成分を毛を作る細胞につけた場合です。

実際には毛をつくる細胞の前に頭皮があります。

育毛剤をつけてもその頭皮のところで止まってしまうんですね。

実際に絵を見たほうが分かりやすいと思うのでこちらを見ていただきたいんですが、

以下の図はとある育毛剤の販売ページのコピーです。



「毛穴の奥まで届く」というように書いてあるんですが、小さく※印で「角質層まで」とあります。

ではこの角質層とはどこなのかも下の図を見てみてください。




とても浅いですよね。

ここまで届いても届いても毛を作る細胞まで届かないので意味ないんです。

育毛剤には「成分を浸透させるよう頭皮マッサージしてください。」と書いてありますが、育毛剤の効果よりもこのマッサージが効いているんだと思います。

そう思うと育毛剤を使うことでマッサージするきっかけになるのでいいかもしれませんね(^_^;)

ハゲの予防まとめ

ハゲを予防するには、食生活を変えるのが一番簡単です。

今まで運動の習慣がなかったり、遅くまで起きていたり、ストレスの多い職場だったりそういうのをすぐに変えるのは難しいと思います。

理想はそれらも変えていくべきとは思いますが、まずはサプリメントなどで自分でやれることからやっていくのが無理なくハゲを予防できる方法です。

気にし過ぎも薄毛には良くないので、ハゲていないのであればそこまで気にせずに生活しましょう。

今回紹介したユーグレナは2016年の現時点では最高にハゲの予防に効果があるものだと思っています。

ワンコイン、もしくは1000円くらいで試せるので一度頼んでみても損はないと思いますよ。


 

不安なら気軽に相談

上の記事では薄毛の原因と自分で対処するやり方を書きましたが、不安だったら最初は専門家に相談したほうが安心して治療をすることができるかも知れません。

ただし、通院で治療となると月に数万円は覚悟しなくてはなりません。

月数万円って結構な出費ですよね。
私は絶対無理です。。

そんな場合にオススメのやり方が、最初だけしんだんしてもらって後からは自分で育毛剤を購入するやり方です。

最初はお金がかかってしまいますが、そこで生活習慣のことや男性ホルモンの影響を調べればあとは自分での治療も可能です。

最初にAGAなのかどうなのかをしっかり調べられれば、あとは自分でそれに適した薬を用意するだけで大丈夫です。

またクリニックによっては最初の相談は無料でやってくれるところも多いので、そういったクリニックでやってみてもありだと思います。

無料で相談する>>